若手教員向けスキルアップ研修 参加者募集

助教、助手、研究員などキャリア形成中の若手教員のための全3回のセミナーを開催します。
自分をブランディングする方法、キャリアプラン設計の方法、グローバルな活動に欠かせない英語のプレゼンテーション技術など、アーティストや研究者としてこれからの社会で活躍するために必要な知識とスキルの習得を目指します。
質疑応答や意見交換の時間もたっぷりありますので、領域を超えたネットワーキングの機会としてもお役立てください。

【第1回】表現者のためのプレゼンテーション研究所

アーティストやデザイナーなど、表現者としてのアイデンティティー形成のプロセスと、社会とのコミュニケーションの方法(ブランディング→プレゼンテーション)の考察をします。

■ 日時 8月31日(木) 18:00-20:00
■ 講師 中谷日出先生[映像アートディレクター/NHK解説委員(芸術・文化・デジタル関連担当)]
京都大学大学院特任教授、東京藝術大学総合芸術アーカイブセンター特任教授、グッドデザインフェロー(日本デザイン振興会)。東京藝術大学大学院美術研究科修了。イラストレーター、広告プランニング、広告映像アートディレクターとしてフリーで活動した後、1991年NHKにキャリア採用で入局。1994年からマサチューセッツ工科大学に派遣。その後、NHKスペシャル「人体・脳と心」のアートディレクション、NHKロゴマークデザイン、、長野オリンピック国際発信公式映像監督、ドラマ「DREAM TV 200X」監督などを手がけ、 2000年3月からデジスタナビゲーターを務める。 Gマーク(グッドデザイン賞)の審査委員/アジアデジタルアート大賞審査委員/北九州デジタルクリエーターコンテスト審査委員長/神戸ビエンナーレ審査委員。また、アートとテクノロジーの融合を目的としたWEB TV「木曜新美術館」館長を務める。

 

【第2回】How to Give a Presentation in English

英語で自分のアイデアや作品をプレゼンしてみよう! 国際社会で通用するプレゼンテーションの基礎構造、伝わりやすい簡潔明瞭な英語表現、ジェスチャーを用いたテクニックなどを2日に分けて学びます。講義はネイティブ講師が英語で行いますが、日本語スタッフもサポートします。

■ 日時 9月5日(火)+12日(火)18:00-20:00

■ 講師 バークレーハウス語学センター講師

*定員20名(先着順)両日出席必須

【第3回】人生仮縫いワークショップ—キャリアデザインについて考える—

3〜5年後、どんな私でありたいか? それを実現するために今やるべきことは何だろう? 自分がしたいこと、人生に起きるかもしれない様々な出来事を想像しながら、自分という服を“仮縫い”する感覚でキャリアパスを考える講義とワークショップ。自分の未来像を可視化します。

■ 日時 9月13日(水)18:00-20:00

■ 講師:箕口一美先生[国際芸術創造研究科 アートプロデュース専攻講師]
地域創造主催「ステージラボ」、カザルスホール企画室「アウフタクト」、第一生命ホールオープニング・プロジェクト・プロデューサー、NPO「トリトン・アーツ・ネットワーク」ディレクターなどを歴任し、現在はサントリーホール・プログラミング・ディレクター、上野学園大学音楽文化研究センター研究員。公演制作や海外からの招聘演奏家の日本ツアー制作を行う。2006年より東京藝術大学大学院芸術環境創造分野講師として、演奏家のキャリア・マネージメント研究を進めている。訳書に、アンジェラ・M・ビーチング著「Beyond Talent 音楽家を成功に導く12章」など。

■ 会場 上野校地 事務棟3F 第2会議室
■ 参加方法 各回の1週間前までに、件名を「スキルアップ研修参加希望」、本文に
(1)氏名
(2)所属・職名
(3)参加希望する回
(4)第2回参加希望の方は、英語レベルの目安(TOEICスコア、英検、普段の使用頻度など。講師がプログラムを準備する際に参考にします)
を明記したメールをダイバーシティ推進室diversity@ml.geidai.ac.jpにお送りください。
■ 主催・お問い合わせ 東京藝術大学 ダイバーシティ推進室