藝大アーツ・スペシャル 障がいとアーツ2018 開催のお知らせ

人間の多様性と芸術の融和を目指すイベント「藝大アーツ・スペシャル 障がいとアーツ2018」が12月1日・2日、本学上野校地の奏楽堂にて開催されます。

東京藝術大学、東京藝術大学演奏藝術センター、東京藝術大学COI拠点主催の冬の恒例イベントで、例年沢山のファンの方が訪れる「藝大アーツスペシャル2018 障がいとアーツ」。障がいのある方もない方も、東京藝術大学という世界屈指の芸術家が集う場で、気軽にコンサートや企画をお楽しみいただけます。あなたもぜひ、大学構内の奏楽堂ホールへ出かけて、新しい時代の「ユニバーサル・モデルコンサート」に参加しませんか?

【第1日】12月1日(土)
ワークショップ「オーケストラ探検」(14:20開始 16:00終了予定)

●探検1 14:30-14:55
藝大生によるミニコンサート
出演:安藤真奈、加藤理沙、久保美桜、田中天眞音、南島かりん、平塚七衣、福田真子、吉田啓人、徳安慶子

●探検2 15:00-16:00
ワークショップ「タッチ・ザ・サウンドピクニック」
ファシリテーター:金箱淳一(首都大学東京 産業技術大学院大学助教)

イヤーマフを付けて音が遮断された状態で、音を振動に変換する小さなデバイスを手に持ってオーケストラの中にピクニックにでかけ、楽器の振動を感じます。タッチザサウンドピクニックを通して、私たちはふだん身の回りで立ち上がる音を、耳だけでなく、目や肌といった体全体でとらえていることに気づくでしょう。

【第2日】12月2日(日)
コンサート「聞こえる色、見える音」・展覧会 

13:05~13:30 藝大生によるミニコンサート 奏楽堂ホワイエ
出演:安藤真奈、加藤理沙、久保美桜、田中天眞音、南島かりん、平塚七衣、福田真子、吉田啓人、徳安慶子

14:00~ コンサート「聞こえる色、見える音」 奏楽堂ホール
指揮:梅田俊明 管弦楽:藝大フィルハーモニア管弦楽団

●オープニングパフォーマンス
~金澤翔子 書の世界~

●新作お披露目
夢枕獏作詞、松下功作曲:〈ひかりのき〉 歌唱:川中子みのり

●聞こえる色
~音を色に変えて~ヴィヴァルディ:〈四季〉より「秋」「冬」
映像:「秋」和田淳、「冬」テオドル・ウシェフ
制作:東京藝術大学大学院映像研究科、東京藝術大学COI拠点共感覚メディア研究グループ
ヴァイオリン:山﨑貴子、川畠成道

●筑波大学附属聴覚特別支援学校を迎えて
シュトラウスI:〈ラデツキー行進曲〉

●東京都立八王子特別支援学校を迎えて
ベートーヴェン:〈第九〉より~歓喜の歌~
賛助出演:川中子みのり、河野アンジェラ、岩石智華子、金沢青児、木村雄太

●見える音 ~オーケストラの中に入って音楽を感じよう!~
松下功:〈飛天遊〉 和太鼓:林英哲、片岡亮太
松下功:〈通りゃんせ〉

16:00頃~ 藝大生による作品とおはなししようワークショップ 奏楽堂ホール・ホワイエ

≪展覧会≫
13:00~16:45 奏楽堂ホール内・ホワイエ
【出品者】
金澤翔子
社会福祉法人愛成会アトリエぱんげあ
金沢大学子どものこころ発達研究センター
台東区立特別支援学級
筑波大学附属桐が丘特別支援学校
東京都立八王子特別支援学校
横浜市立盲特別支援学校
横浜市立ろう特別支援学校

≪だれでもピアノ展示 一本指で弾けるピアノ体験コーナー≫
13:00~14:00 & 16:00~18:00
東京藝術大学構内 Arts&ScienceLAB.4F

※スケジュール・曲目・出演者等は都合により変更となる場合がございますので、ご了承ください。

会場:東京藝術大学奏楽堂(大学構内) 110-8714 東京都台東区上野公園12-8
主催:東京藝術大学、東京藝術大学演奏藝術センター、東京藝術大学COI拠点
お問合せ:東京藝術大学演奏藝術センター TEL 050-5525-2465
メール arts.special[アット]ml.geidai.ac.jp

詳しくはチラシをご覧ください。PDFはこちら