4/24(水)・5/8(水) 「障がいとアーツ研究」公開授業のお知らせ

演奏藝術センター及びCOI拠点による全学部対象授業「障がいとアーツ研究」では、視覚障がいをテーマとする座学と実習の公開授業を、ゴールデンウィークの前後2週にわたり実施します。

視覚に障がいのある人々は、日々どのように感じ、どのように情報を入手し、どんな生活をしているのでしょうか。
そして、周囲の我々には、どのようなサポートが求められているのでしょうか。
白杖を使っている人に道路や駅のホームで出会って、どのように声をかけたら良いかわからず何もできなかった、といった経験をお持ちの方も少なくないことと思います。
是非この機会に、ご一緒に視覚障がいに関する理解を深め、障がいを持つ人々の具体的なサポート方法を実習で学んでみませんか。

【講師】
東京視覚障害者生活支援センター所長 長岡 雄一氏

【日時・場所】
第1週 理論編「視覚障がいおよび視覚障がい者の理解」
日時|4月24日(水)14:40-16:10(4限)
会場|5-406(音楽学部5号館4階)

第2週 実習編
日時|5月8日(水) 14:40‐16:30
集合|5-406(音楽学部5号館4階)
*ARTS & SCIENCE LAB.球形ホール(4階)に移動し、屋内外で、視覚障がい者のサポート方法を実習で学びます。

【対象者】
受講生に限らず学生及び学内関係者はどなたも受講いただけます。いずれか1回の受講も可能です。

【受講申し込み方法】
受講ご希望の方は、授業の3日前までに、COI拠点「障がいと表現研究」グループ宛てメールでお申し込みください。
申し込み・問い合わせメールアドレス
geidaicoi.shogaig(at)ml.geidai.ac.jp
(件名を「公開授業(●月●日)受講申し込み」とし、氏名・所属を明記ください)
希望者多数の場合は、会場を変更する可能性があります。

主催|演奏藝術センター
COI拠点「障がいと表現研究」グループ
共催|ダイバーシティ推進室