4/25(木)藝大生のためのSNSリテラシーセミナー開催

実名を出して表現・研究活動を情報発信する
藝大生のためのSNSリテラシーセミナー

自分の創作・演奏活動を社会に広く発信したい人にとって、SNSはとても便利なツールです。
しかし使い方次第では、ストレスのもとになったり、トラブルに巻き込まれたりするリスクがあります。
たとえば、こんな疑問や悩みはありませんか?

    • 自分の活動内容を最大限アピールしたいが、個人情報をどこまで開示していいのか迷う。
    • 自分の作品が知らない人のSNSに無断で載せられた。どう対処すべき?
    • 友達申請してくる人が、本当に自分の芸術活動に興味があるのか、単なる出会い目的なのかがわからない……。
    • 一番告知向きのSNSは? セキュリティや仕組みが気になる!

 

本セミナーでは、今年1〜2月に本学学生を対象に実施した「SNSを使った情報発信に関するアンケート」の結果をもとに、より安全で効果的なSNS情報発信のしかたについて学びます。

講師|高橋暁子氏(ITジャーナリスト)
SNSなどのウェブサービスや、情報リテラシー教育などについて詳しい。書籍、雑誌、Webメディアなどの記事の執筆、企業などのコンサルタント、講演、セミナーなどを手がける。テレビ・ラジオ・雑誌等での解説等も行っている。元小学校教員。『ソーシャルメディア中毒 つながりに溺れる人たち』(幻冬舎)等著作多数。NHK『あさイチ』『クローズアップ現代+』など、メディア出演多数。自分自身もmixiで初著作を執筆するきっかけを得たり、Twitter投稿でテレビから取材依頼を受けるなど、SNSを活用している。https://twitter.com/akiakatsuki

日時|4月25日(木)18:00〜19:30
場所|上野校地 音楽学部5号館401 教室
対象|本学のすべての学生・教職員
主催・問合せ|東京藝術大学ダイバーシティ推進室
diversity@ml.geidai.ac.jp