平成29年度ベビーシッター派遣事業割引券の利用募集について

ダイバーシティ推進室では、仕事と育児を両立する方への支援として、ベビーシッター派遣事業割引券の発行を開始しました。公益社団法人全国保育サービス協会「ベビーシッター派遣事業制度」により、指定のベビーシッター派遣サービスを利用する場合に使用できる割引券を発行いたします。利用を希望される方は、以下の要項をご確認の上、お申し込みください。

1.利用対象


◆利用期間
平成29年6月~平成30年2月末日

◆利用対象者
以下の(1)~(2)の条件を全て満たしている方
(1)本学と雇用関係のある教職員(事務職員を含む。性別は問いません。)
(2)配偶者の就労、病気入院等により、サービスを利用しなければ就労することが困難な者

◆児童
乳幼児から小学3年生まで(障がいがある場合は6年生まで)の児童

◆条件
本学の業務に従事するため、ベビーシッター派遣サービスを使用する必要がある場合

 

2.割引券について


◆利用できるベビーシッター会社
割引券取扱事業一覧 【公益社団法人全国保育サービス協会HP】

◆対象となるサービス内容
家庭内における保育や世話  もしくは  家庭と保育所等の間の送迎

◆割引料金
1回につき2,200円。ただし、利用料金が1回につき、2,200円以上のサービスのみが対象となります。

◆利用限度
割引券は、1日(回)につき1家庭1枚、1ヶ月に24枚まで使用できます。

 

3.利用手順


◆ベビーシッター会社との契約
利用申し込みの前に、公益財団法人全国保育サービス協会が指定するベビーシッター会社と利用契約を行ってください。契約は申し込み者本人の名義(共同名義を含む)で行ってください。

◆利用申し込み
※利用予定日の1週間前までに、ダイバーシティ推進室へ以下の書類をご提出ください。

【毎年度初回】
(1)平成29年度ベビーシッター派遣事業利用申込書 PDFWORD 紙媒体
(2)ベビーシッター会社との利用契約書の写し
※以下のことが明記されているかご確認ください。
・ベビーシッター会社の住所、名称、代表者氏名
・利用者の住所、氏名
・サービス内容および料金体系
・事故の場合のベビーシッター会社の免責事由
・その他サービスの利用に必要な事項
(3)配偶者の在職証明書の写し、または配偶者が病気入院していることが確認できる書類等
【2回目以降】
(1)平成29年度ベビーシッター派遣事業利用申込書 PDFWORD メールか紙媒体
※初回申し込み時から変更がある場合のみ
(2)ベビーシッター会社との利用契約書の写し
(3)配偶者の在職証明書の写し、または配偶者が病気入院していることが確認できる書類等
紙媒体

申し込み内容確認後、学内便にて割引券を送付いたしますので、受信確認メールを返送ください。

※発行に日数を要する場合もございますので、余裕をもってお申し込みください。
※割引券の枚数には限りがあります。なるべく多くの方が利用できるよう、必要枚数分のみをお申し込みください。

◆割引券の使用
利用者記入欄を記入の上、ベビーシッターに割引券をお渡しください。ベビーシッターが必要事項を記入しますので、「報告用半券」を必ず受け取ってください。ベビーシッターには、割引額を差し引いた料金をお支払いください。

◆報告・返却
以下について、各期日までに、必ずダイバーシティ推進室へご返却ください。
【使用済み報告用半券】 翌月の5日(土日と重なる場合は翌月曜)
【未使用の割引券】   平成30年3月2日(金)

※紛失を防ぐため、使用予定がなくなったらお早めに返却ください。
※退職・長期休業をされる場合は、その前に必ず返却ください。

5.その他


・割引券を使用した場合は、その割引金額は税務上の所得となり、所得税法上、「雑所得」に区分されます。必要に応じて、各自確定申告をしてください。
・割引券の発行には手数料がかかっております(大学負担)。紛失することのないよう大切に保管してください。
・義務教育就学前の双生児等多胎児を養育している方を対象として、より割引金額の高い割引券もございます。詳しくは、ダイバーシティ推進室へお問い合わせください。

6.提出・お問い合わせ先


◆東京藝術大学ダイバーシティ推進室
東京都台東区上野公園12-8 事務局3F(担当:有上)
MAIL: diversity@ml.geidai.ac.jp
TELL: 050-5525-2044 (内線2291)

 7.参考


◆公益社団法人全国保育サービス協会
ベビーシッター派遣事業のご案内[平成29年度版]

利用者募集・公募情報